心の疲れ(精神疲労)を慢性化させると、私のようにうつ病になるかも…

心の疲れ(精神疲労)を慢性化させると、私のようにうつ病になるかも…

精神疲労,心,疲れ,慢性,うつ病

私は10年以上うつ病に悩まされてきました。
発症した当時は原因が分からず、何が悪かったのかと途方に暮れたものです。

 

今思うと、心の疲れ(精神疲労)を溜め込み慢性化させたことが原因だと思っています。

 

ひとつひとつの疲労は小さくても、それが溜まって大きくなり、
ある時、何かしらのきっかけでうつ病という形になって現れたのです。

 

うつ病の怖さは多くの方がご存知かと思います。
しかし発病前、小さな疲労を貯めこんでいる段階でも、体からはいろいろな注意信号が発信されているのです。

 

心の疲れ(精神疲労)でも起こる身体の不調

まさか心の疲労が原因だとは思えない症状が体に起こることがあります。
それだけ”心と体”というのは密接に関わっているのですね。

 

私が感じた体の不調はというと、

肩や背中の痛み
全身の倦怠感、ダルさ
手足のこわばり
眠れない、朝起きられない
息苦しい、呼吸がしづらい

どれも、精神疲労とは結びつきませんでした。
ましてや、うつ病とは…

 

その他にも
・腹痛・腰痛・動悸・胸苦しさ・めまい・など、
あらゆる身体的と思える症状にも、心の疲労が関わっているんです。

 

精神的な疲労を見極める方法

その疲れが肉体的なものか精神的なものかを見極める為に、以下のことをチェックしてみてください。

疲労を感じるのは朝か夜間か?

肉体的疲労では、筋肉に乳酸などの老廃物が蓄積することが原因なので夜間に疲れがピークになりますが、
精神的な疲労は、朝目覚めた時に疲労感が大きい傾向にあります。

 

休息すれば疲れが取れますか?

肉体的疲労は、休息を取ると老廃物が取り除かれ疲労から回復できますが、
精神的疲労は、休息しても疲れが取れない傾向にあります。

 

運動すると疲労感が軽減しますか?

肉体的に疲れている時に運動すると、疲れはひどくなリますが、
精神的に疲れている時には、散歩などで軽く体を動かした方が疲労感は軽くなります。

 

疲労を感じるのはどんな時ですか?

肉体的な疲労は、体に負荷がかかればかかる程大きくなりますが、
精神的な疲労では、ストレスのかかり具合によって、疲労感の大きさは変動します。

 

疲労感はどのくらいの期間続いていますか?

肉体的な疲労では、普通は数日以内で回復しますが、精神的な疲れは慢性化しやすい傾向があります。
疲労感が取れず1〜2週間以上続くようなら、背後にうつ病が隠れている場合があります。

 

疲労を慢性化させると本当に怖いです。

多くの人は、うつ病や統合失調症など具体的な病気にならないと心のケアには注意を向けません。
そのため、日々の生活の中で精神的な疲労が溜まってしまうのでしょう。

 

また、私が経験したように、体の不調だと思っていることの中にも、
実は精神疲労(心の疲労)が原因のことも多くあるのです。

 

疲れがとれないと感じたら、くれぐれも早めに対処してくださいね(^O^)

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム