取れない肉体疲労、溜まっていくと危険です

取れない肉体疲労、溜まっていくと危険です

肉体疲労,回復,慢性

肉体疲労とは、筋肉レベルの疲労のことをいい、精神的な疲労などと区別されます。

 

筋肉が疲労を起こすのは、血液の循環が悪くなることにより乳酸や疲労物質がたまることによります。

 

無理な運動や長時間の労働などにより、筋肉を使い続けることでおこるので、
筋肉の緊張をほぐし血行をよくするために、マッサージや軽いストレッチ、入浴などをすることで回復します。

 

肉体疲労も、慢性化すると大変なことに…

通常は安静にして休養すれば傷みがとれるのですが、過度の疲労がたまると、
ダルさや不眠、食事が取れないなど、さらに疲れがたまってしまう悪循環になります。

 

体の疲れ、筋肉の傷みと思って放っておくと精神的な疲労へと進んでいくこともあるんです。

 

疲れが慢性化するとこんな症状もでてきます。

やる気が出ない、集中力がない
頭がまわらない、思考力低下
眠れない、朝起きれない
目の疲れ
肩こり、腰痛、首の痛み
常にダルい、眠いと感じる
食欲がない

 

肉体疲労を慢性化させないためには

身体のケアをする

ほとんどの場合、肉体疲労は充分な休養と睡眠によって回復します。
昼寝するのもいいでしょう。5分だけ目をつむるだけでも効果があります。

 

栄養を補給する

疲れをとるために、バランスのよい食事が大切です。
ビタミン不足などで疲れやすい体質になることもあるので、サプリメントなどを活用するのも有効な方法です。

 

日常的に運動する

定期的な運動は、疲労しにくい体をつくるとともにリラックス効果があります。
気軽にできるウォーキングやストレッチのような軽めの運動がいいでしょう。

 

とにかく大事なのは、疲労を慢性化させないことです。
肉体面と精神面の両方をケアするのが慢性化させないポイント。
何かと忙しい現代社会では難しいかもしれませんが、生活習慣を改善することが大切です。

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム