その疲れ、自律神経の乱れが原因ではないですか?

その疲れ、自律神経の乱れが原因ではないですか?

自律神経,乱れ,疲れ,原因

疲れる原因のひとつとして、自律神経が乱れることが上げられます。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は日中に、活動したりストレスを感じている時に働きます。
副交感神経は夜間に、休息したりリラックスしている時に働きます。

 

自律神経のバランスがストレスなどによって乱れ、交感神経ばかり働く状態が続くと、
以下の様な状態になります。

 

・筋肉がかたくなりコリが生じる
・血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が体全体に届かない
・リンパの流れが悪くなり、疲労物質や疲労物質が排出されない

 

自律神経は、全身のさまざまな働きをコントロールしていますから、
その働きが乱れると、体のあちらこちらに多様な不調が現れてきます。

 

ストレスをなくして自律神経を正常にするには

自律神経の働きを安定させるには、生活習慣を見直すことが大切です。
そのために心がけたいポイントがいくつかあります。

 

食事

栄養バランスのよい食事を規則正しく。

お風呂

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる。

睡眠

できれば7時間、夜更かしせずに質の高い睡眠を。

運動

ウォーキングなど、心地よいと感じる程度の運動

笑い

笑うことで心がリラックスすると、副交感神経が優位に。

 

”自律神経失調症”と言われたことないですか?

医者で”自律神経失調症”と言われても「特に治療法もなくビタミン剤を処方されただけ」、
という話をよく聞きます。

 

原因や治療法がよくわからない時に付けられる病名なのでしょうね。
当然、症状が回復するはずもないですね。

 

”ストレスをなくすために生活習慣を見直しましょう”と言われても、
具体的な方法を示してもらわないと、なかなか改善できるものではありません。

 

何故なら、長い時間をかけて自分自身で作り上げてしまった悪い習慣なのですから…

 

この悪い生活習慣を改善し、自律神経の乱れを元に戻すのに、
私はある方法に出会いました。

 

自分一人では難しかった生活習慣の改善を、少しの後押しと手助けで実現し、
慢性化した疲れをとることに成功したのです。

 

疲れがとれずに悩んでいるあなたにも、是非試していただきたいです(^O^)

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム