慢性疲労と天気病み!? 私はどうしても低気圧や台風が嫌いです。

慢性疲労と天気病み!? 私はどうしても低気圧や台風が嫌いです。

疲労,回復,慢性,天気病み,低気圧

慢性的な疲労を抱える私にとって、低気圧や台風は実に厄介なものです。

 

首や肩の痛みはもちろんのこと体中の節々は痛み出すし、呼吸すらしづらくなる始末です。

 

天気病みという病気はないのでしょうけど、疲労の症状が天気(低気圧や台風)に左右されるのは事実です。

 

お陰で天気予報にはとても敏感です。低気圧が近づいていないかチェックするのが日課になってしまいました。

 

そして、台風には特に注意しています。天気図に台風が現れた時点で、すでに体の調子が崩れていることがありますから…

 

天気病みはどうして起こるのか?

天気病みの一番大きな原因、それは血行不良

低気圧や台風が近づくと大気の圧力が低下し、体を抑えつける力が弱まるため体は膨張します。
この膨張によって、血管やリンパの流れが低下して普段よりも血行が悪くなります。

 

血行が悪くなれば当然体のあちこちに不調がでてきますね。
私のように普段から慢性的な疲労を抱えていたらなおさらです。

 

低気圧になると、痛みを引き起こすヒスタミンが増える

炎症作用があるヒスタミンにより、古傷が痛んだり頭痛がしたりするようです。

 

副交感神経が優位になるのも天気病みの原因

天気病みには自律神経の乱れも関係があるようです。

 

自律神経には日中に優位に働く交感神経と、寝ている時に優位になる副交感神経があります。

 

ところが低気圧や台風が来て、気圧が低くなると副交感神経が優位になりイアkのような状態になります。

  • 血圧、血糖、心拍低下
  • 疲労感が出やすい、意欲低下
  • 分泌、排泄機能活性化、
  • 食欲増加、消化吸収促進
  • 心身のリラックス状態

これは、エネルギーの蓄積に向いた状態で、全身の循環不良を起こし肩こりや腰痛など体調不良の一因になります。

 

天気病みだけでなく、あらゆる痛みを鎮める方法

体に痛みが生じると、脳からは麻酔効果のある脳内麻薬がでてきます。

 

通常はこの働きによって傷みは静まるのですが、ストレスを感じるとこの働きが弱まってしまいます。
すると、小さな刺激でも大きな傷みとして感じてしまうのです。

 

つまり、ストレスを減らせば脳内麻薬の効果が高まり傷みを和らげることが出来るかもしれません。

 

たとえば、天気予報を見て、「天気がよくなれば痛みがラクになる」と考えるだけでも、ストレスが減り痛みが治まるということです。

 

それよりも私の場合は、低気圧や台風が近づくと具合が悪くなるという思いが強すぎて、それがストレスになっているのかもしれませんが…

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム