瞑想でメンタルケア。睡眠にも勝る疲労回復効果!

瞑想でメンタルケア。睡眠にも勝る疲労回復効果!

疲労,回復,慢性,瞑想

肉体的な疲れに比べて、精神的な疲労は蓄積しやすく慢性化しやすいです。

  • 朝なかなか起きられない
  • 休日に一日中何も出来ずにグダグダと過ごしてしまう
  • いつも寂しい気持ちが消えず、マイナス思考になっている
  • 常に息苦しく、イライラし倦怠感が続く

こんなことが思い当たる場合は、メンタル面の疲れが蓄積して慢性化しているのかもしれません。

 

メンタル面の疲労を取り除くためには休養をとってストレスを解消するのが大切です。
そんな時、睡眠よりももっと効率よくストレスが取れる方法として瞑想がオススメです。

 

瞑想は誰でもできる疲労回復方法

瞑想というと怪しげだと思う方もいるかもしれませんが、意外にも瞑想は誰にでも簡単に生活に取り入れることができる疲労回復の方法なのです。

 

思考を止めるというのは難しく、普段私たちの思考は止まることなく動いています。

 

楽しいことだけを考えていられるならいいのですが、ネガティブな思考はストレスになってしまいます。
ストレスがたまると、心も体も疲れてしまうのです。

 

考えるということをリセットするのが瞑想です。瞑想中は無駄なことは考えずに、無心になれます。

 

1日のうちの少しの時間だけでも無心になれる時間があれば、疲労の回復に繋がっていきます。

 

姿勢と呼吸が瞑想のポイント

瞑想中は何も考えないことが大切ですので、呼吸に専念できる姿勢として背筋を伸ばすということが重要になります。

 

また瞑想中の呼吸は、大きくゆっくりと腹式呼吸を行うということがポイントです。

 

ゆっくりとしたリズムで呼吸をすることで自律神経の働きが改善されていきます。

 

瞑想中は呼吸に集中することで、自然に疲労回復につながり少ない睡眠時間でも疲れに悩まされにくくなります。
仕事で忙しいときには時間の空きを見て瞑想を試してみてはいかがでしょうか?

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム