【慢性疲労回復方法】睡眠、休養、風呂(入浴)

【慢性疲労回復方法】睡眠、休養、風呂(入浴)

睡眠,休養,入浴,疲労,回復

疲労回復に効果が大きいのは睡眠と休養ではないでしょうか。

 

疲れを慢性化させないためにも良質な睡眠と休養を取りたいものです。

 

睡眠

睡眠は脳や身体を休めるとともに、成長ホルモンが分泌されて細胞が活発になったり、食べ物が消化吸収されて栄養が蓄えられます。

 

明日の活力になるエネルギーが作られる大切な時間です。

 

休養

ゴロゴロ横になっているだけが休養ではありません。
心と身体をリフレッシュする時間を持つことが大切です。

 

お風呂は浮力・水圧・水温の働きで筋肉を緩ませ、血液循環をよくします。
この時、体内の老廃物を排出させるとともに、神経の緊張も心地よくほぐしてくれます。

【慢性疲労回復方法】睡眠、休養、風呂(入浴)記事一覧

「温冷浴」:疲労回復にオススメの入浴法

疲労から回復するのにオススメの入浴法のひとつが「温冷浴」です。温冷浴とは、温かいお湯と冷たい水を交互に浴びるというやりかたです。筋肉、毛穴、筋肉、汗腺、血管といった体の部位は、温かいお湯では弛緩して、冷水だと逆に収縮します。これを、意図的に繰り返すことで血液の循環が良くなり疲労回復につながるのです。...

≫続きを読む

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム