呼吸の改善。いつでもどこでも出来る慢性疲労回復方法

呼吸の改善で簡単に出来る慢性疲労回復

呼吸,改善,慢性,疲労,回復

呼吸の仕方を少し改善するだけで、慢性化した疲労から回復できるとは、少し信じられない気もしますね。

 

しかし、私も経験があるのですが、疲労がたまっている時には、意味もなく息苦しさを感じることが多いのです。

 

知らず知らずのうちに、呼吸が浅く短いものになっているんですね。

 

これは慢性的な疲労で悩んでいる人の特徴なんだそうです。

 

疲労が慢性化する人は、生活習慣に問題があることが多く、中でも呼吸は、特に注意して改善するべきポイントです。

 

呼吸は、平均1日約2万回行っており単に酸素を吸って二酸化炭素を排出するというだけでなく、
自律神経(副交感神経)の疲労や不調にも大きく関係しています。

 

超簡単! 呼吸改善法

よくいわれる腹式呼吸などのように、大きく吸ったりするわけではないので、本当に気楽に取り組めます。

 

 

ポイント1:普段は意識していない「呼吸」を意識する

まず自分の意識を呼吸に向けて、

 

”吸っている”⇒ ”吐いている”

 

という事だけに集中してみてください。

 

これを1分程度続けます。

 

ポイント2:イメージを加える

綺麗で澄んだ空気が入ってくるイメージを持って息を吸います。

 

吐くときは、車の排気ガスをイメージして息を出します。

 

これを2分間続けましょう。

 

 

どちらも、呼吸自体は普段のものと同じでかまいません。
(これが簡単に出来る理由です)

 

たったの3分ほどの内容ですが、浅かった今までの呼吸が、自然に深く長い呼吸に変わって来るのが分かるはずです。

 

これを、1日の中で気付いた時にやってみてください。
疲労回復に有効な自律神経に大きくアプローチできます。

 

お金も時間もかからない、とっても手軽な疲労改善法です。
あなたの、慢性疲労が少しでも和らいでくれたらいいのですが…

慢性疲労からの回復法を探している人必見です!

疲労回復の専門家が、その場しのぎの対策ではなく、
心と体の根本原因に同時にアプローチする画期的解決策を大公開!


【福辻式】慢性疲労症候群DVDプログラム